就職にも小論文が試験として出されることが多くなっています。 企業にとっては唯一その人の「人となり」を知ることができるものなので、当然と言えます。小論文の添削をしていた私からのアドバイスです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文によく出るテーマ1

大学入試でも就職試験でも、そのときどきによってよく出る小論文のテーマというものがあります。
その年の社会情勢を反映して特に気になる課題などが選ばれるのです。
そのテーマが直接関わるような就職先であれば、必ず出ると言ってもいいでしょう。
これだけで全て、というわけではありませんが、私が考えられる小論文のテーマについて示しておきたいと思います。
どれが出てもいいように、書き方や情報を頭に入れておきましょう。
●女性問題 *男女雇用機会均等法:1985年に成立した採用、昇進、教育訓練などあらゆる雇用管理に関して男女の差別を禁止する法律。
しかし、実際には難しく今も男女差はなくなっていない。
1997年に改正された。
*男女共同参画社会:男女が人権を尊重し、責任を分かちあい、対等に社会参画すること。
1999年に男女共同参画社会基本法が成立。
*ジェンダー:生物学的性差に対して、歴史的に形成された社会的・文化的性差のこと。
その性差から解放されて能力を発揮する考え方をジェンダーフリーという。
他にも育児休業制度(男性も取得可能に)、夫婦別姓など。
●家庭 *これからの社会に対する家庭の役割:最近は家庭の役割が薄れているため、という問題がある。
そのため出題される可能性がある。
*虐待:近年は増加してきている。
2000年に児童虐待防止法が施工されたが、歯止めがかかっていない。
●教育 *学力低下:学校週五日制をはじめとするゆとり教育によって学力低下が叫ばれている。
一方学力を重視する動きもあり、学力格差が広がっている。
他にも、いじめ、教育再生会議、食育など。
どうです?書き方がわかるものがいくつかあったでしょうか。

 | HOME | 

【就職活動完全マニュアル】




サイトマップ


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。