就職にも小論文が試験として出されることが多くなっています。 企業にとっては唯一その人の「人となり」を知ることができるものなので、当然と言えます。小論文の添削をしていた私からのアドバイスです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文によく出るテーマ3

その他にも小論文のテーマとなるものを続けてあげておきます。
これらが実際に出る、と思って書き方を研究しましょうね。
●社会問題 *格差社会:豊かな社会になっている一方で、社会の格差が広がり問題になっている。
特に正規に就職するのではない雇用形態の収入や保障の格差が問題である。
先日起きた秋葉原の事件も派遣労働者という不安定な身分に絶望感を抱いた犯人による犯行だったことがわかっている。
他にも地域格差や世代間格差などがあげられる。
その他にニート・フリーター・派遣労働者問題などの就職問題、犯罪の凶悪化、インターネットなどの情報の氾濫・匿名化など。
●環境 *環境破壊:地球が様々な面で限界を迎えていることが科学的に証明されてきている。
そのためにこの問題については押さえておかなければならない。
書き方も考えておこう。
*地球温暖化:空気中の二酸化炭素が増加して地球全体が温室化している状態。
私たちに何ができるのか、身近な問題として捉えておこう。
その他にもリサイクル運動など。
●その他:異文化理解、日本語の乱れなど。
特に今年は洞爺湖サミットなども開催され、地球温暖化に対する問題も多くなるかと思われます。
また8月に開催される北京オリンピックでも大気汚染などの問題が出ていますから、なおさらかもしれません。
これらを注意して小論文の題材を集め、書き方を研究しておくとよいでしょう。
日々ニュースを見る癖をつけましょう。
社会情勢を知っているかどうか、が合否を決めますよ。

内定ガイド2010

 | HOME | 

【就職活動完全マニュアル】




サイトマップ


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。