就職にも小論文が試験として出されることが多くなっています。 企業にとっては唯一その人の「人となり」を知ることができるものなので、当然と言えます。小論文の添削をしていた私からのアドバイスです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文は色々な立場で考えよう

小論文はもちろん「あなたの考え」を具体的に述べていく、という書き方をするものではあります。
しかし、よく知らないことについては「あなたの考え」を示すことすら難しいですよね。
前に述べたように、就職においては一般的な社会情勢を知っておくことが必要ですから、新聞などで知識を仕入れておくことは最低限必要なことです。
それと平衡して、世間の人々の考え方も知っておきましょう。
あきらかに「悪いこと」なのに、あなたの考えが「よいと思う」からそれを通してしまったのでは、就職において担当者にはあまりいい印象を持たれないでしょう。
そのようなことに目を向けるために、テレビの討論番組や報道番組を見てみるのもよいのではないでしょうか。
特定の案件に対して、論者が様々な意見を言っていきます。
あなたの考えと同じ人については、「このように論じると納得できる」と感じるでしょうし、「この論じ方では納得できない」と思えばあなたならばどう論じるべきなのか、シミュレーションができます。
また、どんな考えにおいても反対の立場に立つ人はいるわけですから、その立場を頭ごなしに否定するのではなく、「なぜこの人はこう考えたのか」などと興味を持ってみましょう。
小論文を書くときに、「反論もあるだろうな」と予測しながら書いていくこともとても重要なことですからね。
日頃からアンテナを張り巡らせて、社会の動きや出来事に関心を持つようにしましょう。
独りよがりな小論文の書き方では、読み手を納得させることは難しいですよ。

内定ガイド2010

 | HOME | 

【就職活動完全マニュアル】




サイトマップ


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。