就職にも小論文が試験として出されることが多くなっています。 企業にとっては唯一その人の「人となり」を知ることができるものなので、当然と言えます。小論文の添削をしていた私からのアドバイスです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文の出題パターン・テーマ型1

小論文には出題にパターンがありますが、大きく分けて3つのパターンです。
この一つ一つのパターンによって、書き方も異なってきますので見ていきましょう。
●テーマ型 就職試験と併用して小論文が出題される場合には、このパターンが一番多いのではないでしょうか。
就職させる側の企業も、出題しやすいと思われます。
一つのテーマが与えられ、それについてのあなたの考えを問うものです。
例としてあげると、「最近あなたが気になったニュースを一つあげ、そのことについてあなたの考えを述べなさい」「あなたが挑戦したいと思っていることを一つあげ、述べなさい」などなどです。
就職試験としては、「この会社に入って取り組みたいと思うことを一つあげ、抱負を述べなさい」などのような出題もあるかもしれませんね。
このパターンのテーマはいくらでもあります。
ここで注意すべきことは、まず問題文をよく読む、ということです。
「一つあげ」と出題してあるのに、やる気を見せるためにいくつも挙げる。
もうこれだけで出題の意図から外れていますからアウトです。
私が採点者であれば、書き方はいくらよくてもここでかなりの減点とします。
小論文の出題テーマはどれも同じである、などと簡単に考えて問題文を軽くとらえることは危険なことです。
人は思い込みやすいものですからね。
必ず問題文をよくよんで、指示にしたがって論を展開していきましょう。
問題文を読む、ということが良い小論文の書き方の第一歩となるのです。

内定ガイド2010

 | HOME | 

【就職活動完全マニュアル】




サイトマップ


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。