就職にも小論文が試験として出されることが多くなっています。 企業にとっては唯一その人の「人となり」を知ることができるものなので、当然と言えます。小論文の添削をしていた私からのアドバイスです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文を書くときの注意点1

前に述べたことと関連して、小論文の書き方で注意しなければならないことをいくつか挙げておきたいと思います。
いずれも就職などに関して常識を問われるので、注意しましょう。
●題名について:小論文では題名は必要ありません。
「~についてあなたの考えを述べよ」という問題だとすると、「~についての私の考え」というのは明らかにいらないことですよね。
小論文では字数がそのぶん足りない、とみなされてしまう場合もあります。
作文とは違いますよ。
●漢字について:最近は携帯電話やパソコンに頼ることが多いためか、漢字の間違いが多いことが目に付きます。
よくあるのは友達、などの「達」の字ですが羊のところが二本になっているのです。
他にも色々ありますが、「緑」と「縁」を間違って使っていたりする場合もありました。
似たような漢字ですからね。
また、この年齢であれば書けるはずの漢字をひらがな表記にしてあるのも減点の対象になる場合がありますので注意しましょう。
書いてみて、「おかしいな?」とどこか感じる漢字は間違っている可能性が高いものです。
漢字については就職や入学試験で常識が問われます。
書き方にも注意してじっくり見直しましょう。
●数字について:基本的に小論文は縦書きになっていると思われます。
縦書きで数字を使う場合は基本的には「漢数字」を使いましょう。
「高校3年生」というのを縦書きで書いてあると違和感がありますよね。
「高校三年生」と書きましょう。
例外として、課題文のなかにそのような表記があり、それを使う場合はかまわない場合もあります。

内定ガイド2010

 | HOME | 

【就職活動完全マニュアル】




サイトマップ


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。