就職にも小論文が試験として出されることが多くなっています。 企業にとっては唯一その人の「人となり」を知ることができるものなので、当然と言えます。小論文の添削をしていた私からのアドバイスです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文を書くときの注意点1

前に述べたことと関連して、小論文の書き方で注意しなければならないことをいくつか挙げておきたいと思います。
いずれも就職などに関して常識を問われるので、注意しましょう。
●題名について:小論文では題名は必要ありません。
「~についてあなたの考えを述べよ」という問題だとすると、「~についての私の考え」というのは明らかにいらないことですよね。
小論文では字数がそのぶん足りない、とみなされてしまう場合もあります。
作文とは違いますよ。
●漢字について:最近は携帯電話やパソコンに頼ることが多いためか、漢字の間違いが多いことが目に付きます。
よくあるのは友達、などの「達」の字ですが羊のところが二本になっているのです。
他にも色々ありますが、「緑」と「縁」を間違って使っていたりする場合もありました。
似たような漢字ですからね。
また、この年齢であれば書けるはずの漢字をひらがな表記にしてあるのも減点の対象になる場合がありますので注意しましょう。
書いてみて、「おかしいな?」とどこか感じる漢字は間違っている可能性が高いものです。
漢字については就職や入学試験で常識が問われます。
書き方にも注意してじっくり見直しましょう。
●数字について:基本的に小論文は縦書きになっていると思われます。
縦書きで数字を使う場合は基本的には「漢数字」を使いましょう。
「高校3年生」というのを縦書きで書いてあると違和感がありますよね。
「高校三年生」と書きましょう。
例外として、課題文のなかにそのような表記があり、それを使う場合はかまわない場合もあります。

内定ガイド2010

スポンサーサイト

小論文を書くときの注意点2

小論文の書き方の注意点をどんどん述べていきますね。
就職においては、ちょっとしたことが競争相手を比べられて命取りになりがちです。
ミスをなるべく少なくしておきましょうね。
●文体について:文体には「です・ます体」と「だ・である体」がありますが、小論文の場合はどちらかというと「だ・である体」のほうがよいと思われます。
そのほうがより自分の考えを強調できるようになりますよね。
「私は~だと思います」よりも「私は~だと思う」のほうが断定的ですし、断固たるあなたの考えを就職する企業の読み手に伝えることができます。
かといって「です・ます調」が悪いということではないのですが、どちらかというと、ということです。
また文体を途中で変えないでくださいね。
「だ・である体」で書き始めたのに、途中で「です・ます体」になってしまう。
これでは減点されてしまいます。
文体は最初から最後まで統一させた書き方にしましょう。
●話し言葉の使用:これは本当に多いです。
「私は○○だと思うけど」この文章どこがおかしいかわかるでしょうか。
「けど」というのは話し言葉になります。
「けれど」が正しいですよね。
「あと、私は○○だとも思う」この場合の「あと、」も話し言葉になります。
「そして」などの接続語が使えます。
日常に使っている言葉は論文としては使えない言葉がたくさんあります。
もちろん、「超うざい」などは論外です。
このような言葉を小論文で使ってしまうと、就職の面接でいくら丁寧な言葉を使っていたとしても、本当のあなたを見られてしまうことになります。
気をつけましょうね。

内定ガイド2010

小論文を書くときの注意点3

なんとなく小論文を書く際の注意点がわかってきたでしょうか。
書き方には本当に注意が必要です。
就職がかかっているのですから普段の自分とは切り替えて小論文を書くようにしましょう。
●「ら」抜き言葉:最近ではこの言葉がもしかしたら認められつつあるのかもしれません。
ですが、小論文では使わないほうがいいと思います。
「着れる」は「着られる」ですし、「来れる」は「来られる」です。
もしくは、「着ることができる」「来ることができる」でもいいですね。
無意識に書いているかもしれない書き方なので、ことさら注意が必要だと思います。
●一人称について:小論文の一人称は「私」で統一しましょう。
男性も女性も使えますし、これでかまいません。
よくあるのは男子で「自分は」「僕は」「俺は」という一人称を使っている人が多いですね。
そして普段は「私」を使い慣れていないせいなのか、最初は「私」なのに途中で「僕」などに変わっている場合が多くあります。
読み直すときに、文体や一人称が統一できているかきちんとチェックしておきましょう。
●字数について:就職などに用いられる小論文は主に800字が多いかと思いますが、字数について注意が必要です。
決められた字数の8割以上は必ず書くようにしましょう。
800字であれば640字です。
もしも8割以下であれば、論を十分に展開したとみなされず、場合によっては減点されてしまう場合がありますので注意して必ず8割以上は書きましょう。
内容を充実させるために、9割以上が本当は望ましいのです。
800字であれば、720字ですね。
できれば、最終行のギリギリまでは書きましょう。
その際に注意ですが、句点が最後のマスに文字と同居する場合は、もしかすると字数オーバーとみなされてしまうかもしれません。
句点も一文字と考えておさめるようにしましょう。

内定ガイド2010

小論文を書くときの注意点4

就職などに使われる小論文については、必ず読み手を意識したものにしなければなりません。
そのために「リズムよく」読ませることも必要です。
リズムのある小論文の書き方についての注意点を述べておきます。
●一文は短く:一文がだらだらと長くなってしまっては、読み手が意味を追いかけるのに疲れてしまいます。
また長すぎる文章では、文の主語と述語が呼応しなくなっている場合が多く、意味が通らなくなってしまうこともおきてしまいがちなのです。
このことを防ぐために、一文は40字程度で書くようにしましょう。
●読点の使い方:読点はその文章の意味を変えてしまうくらいの力を持っているものです。
この読点をうまく使うことで、文のリズムを作ることができるのですよ。
読点は意味が伝わるように、上手に活用していきましょう。
「私たちを、取り巻く環境は日々めまぐるしく、変化している」この一文を読むと、何かつっかえてしまうような感じがしませんか。
これを正しく直すと「私たちを取り巻く環境は、日々、めまぐるしく変化している」となります。
印象が大きく変わっていますよね。
また、読点の場所も重要ですが、数も重要です。
よくあるのですが、読点の数が多すぎる文章は読みにくいものです。
就職においては、「読みにくい小論文」というものがどんなにあなたに不利になるかわかりますよね。
様々な文章を読んで、適切な読点の打ち方や書き方などを自然に覚えるようにしましょう。

内定ガイド2010

 | HOME | 

【就職活動完全マニュアル】




サイトマップ


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。